ちかさんのまったりブログです。いつ更新するかわかりませんw
| Admin | Write | Comment |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ひかる


「肺動脈のほうは正常になっていますが、穴はまだ塞がっていません」

昨年7月に生まれた次女ひかるは、一ヶ月検診で2つの異状を告げられた。

心房中隔欠損症(ASD)
肺動脈狭窄症(PS)


右心房と左心房の壁に3mm程度の穴が開いていて

肺動脈の血管がちょっとだけ細くなっている
産後1ヶ月の私にはよく理解できなかった

「普通の生活で結構です。
成長するにしたがってちゃんと治ってくることがほとんどですし、治らなかったとしても何か身体的に影響が出てくるのはずいぶんと大人になってから・・・30歳とかそんな感じです。」
しかし初めて聞くその病名、しかも心臓・・・
わずか52cm程度の小さな体の中の、小さな心臓にとって3mmとはかなり大きな感じもした。

実は長女も心電図で再検査になり右軸偏位と言われいる。
しかし特に異状はなく普通に運動も出来る。

ネットで調べても同じような記事しか出ない。
1500人に1人の割合で生まれる・・・
100人に1人の割合で生まれる先天性心疾患の新生児の7%がASD・・・
大抵は1歳~3歳くらいで穴は塞がると・・・
しかし、塞がらなければ小学3年位で手術により塞ぐ・・・

病院ではショックで思うように先生と話せなかったので
大切な友人の一人であるお医者さんにメールを打ってみた・・・
その返事は『ASDはめずらしものではなく、その大きさなら自然に閉鎖することも結構ある。
成長と共に大きくなるようなら手術
PR
この記事にコメントする
+Name+
+Title+
+Mail+
+URL+
+Comment+
+Pass+
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
はじめまして☆
mama URL
トラックバックありがとうございました。
遅れてしまいましたが承認させていただきました。
お子さんもASDなのですね。ご心配でしょう。
少しでもお気持ちが楽になればと体験談を少し書かせていただきますね。
私の場合は、3年前にはじめて診断されて翌年(2年前)に手術しました。
それまでは他の子供とまったく同じように普通に生活していました。
病気だとは知らずにいたので当たり前ですよね。
でもそれでもまったく問題はありませんでした。
でも20歳過ぎからとても疲れやすくなり、風邪も引きやすくなりました。
心臓に負担がかかって体力が落ちてきていたのでしょう。
成長とともに塞がらなかった穴が大きくなっていったようですし。
万が一成長して穴が塞がらなくてもその穴が小さければ手術する必要性は低いようですよ。
ご友人の方にお聞きになられたようですが、私も執刀医に心臓の手術の中ではとても簡単だと言われました。
開胸するとすぐに穴が見えるそうです。そこをチクチク?と塞ぐだけらしいです。
あと、ひかるちゃんは女の子なので手術をした場合の傷が気になると思います。
私は乳房がふくらみきった成人してからの手術だったので、ちょうど右乳房の下のラインに沿って切ってくれました。
なのでビキニの水着を着てもまったくキズは見えません。
一般的には首下から真っ直ぐに30〜40cmほども切るみたいですが・・・
もし手術になるとしたらそういったことを配慮してくれるお医者さんを探されるのも良いかと思います。
長々と失礼しました。
1年後、穴が塞がっていると良いですね。
2006/07/26[Wed] 23:47:57 :EDIT:
カテーテル
ちか URL
mamaさん、
ご訪問ありがとうございます。

最近は新生児の内に診断されることも多いようですね。
ひかるも1ヶ月健診での診断でしたので、大人になってからでなくて良かったと思っています。
4月からカテーテル治療も保険適用となり、傷もほとんど残らず痛みも少ないということみたいです。
自然治癒を祈っていますが、とりあえずセカンドオピニオンを利用し、違う病院でも診察を受ける予定です。
2006/07/27[Thu] 09:57:45 :EDIT:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[68] [67] [7] [5] [4] [65] [59] [56] [55] [53] [51]

Copyright c ぼちぼち まったり。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]