ちかさんのまったりブログです。いつ更新するかわかりませんw
| Admin | Write | Comment |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんな記事をみつけてしまった

関門海峡を挟んで向かい合う北九州市と山口県下関市が、合併によって九州と本州にまたがる新市
「関門特別市」を創設するのに向け、2007年度に合同研究会を発足させる。

道州制議論の本格化を受け、道州と同等の権限を持つ特別市として福岡、山口両県からの離脱を視野に、現行の地方自治制度の枠にとらわれない、地方分権のモデル都市づくりを目指す。

研究会の設立は昨年12月、末吉興一・北九州市長と江島潔・下関市長が合意した。
メンバーは、両市の市長と幹部職員、九州、中国の両経済連合会幹部、北九州、下関の両商工会議所幹部、両市立大学長らで構成。

3月末までに両市で事務レベルの設立準備会を設け、研究会の日程や主要な論点を詰める。
設立後は、現行の地方自治制度、道州制との整合性や新たな法整備、必要な社会資本などを調査し、08年度をめどに報告書をまとめる。

県境を越えて関門トンネル(鉄道、国道)、関門橋でつながる両市は、通勤や通学で1日約1万人が行き来し、地域としての一体感が強い。
行政面でも、01年に同一内容の「関門景観条例」を制定するなど、連携を深めている。

http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_07010402.htm

下関市を離れた私には市政の現状はわからないが、実現された時には北九州市はさほど影響は無く、下関市にはプラスになるのだろう…
北九州市も住みやすいと思われていながら若者の転出は増えていると聞いたことはある。

下関駅下関は、この記事のとおり位置的にも気分的にも福岡県寄りだ。
高校野球だって、山口県代表が徳山や岩国方面の高校だったらどちらかと言えば福岡県代表を応援してしまう。
中学時代に『福岡県下関市』でハガキが届いたことがある。
北九州市にも住んだことはあり友人もいる。

しかし…
『下関市』がなくなるのは許せない。

駅舎を奪われ虚しさが癒せないまま、この記事はさらなる打撃となる。
たぶん、下関を離れた人間ほど傷は深いだろう。

江島さん、あなたの父上はそれを望んでいたのか?
安倍さんの青写真なのか?
PR
この記事にコメントする
+Name+
+Title+
+Mail+
+URL+
+Comment+
+Pass+
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
kazu
下関を離れると
下関の記事、事件って妙に気になったりするもんですよね
自分も、京都(福知山)に居た時は、そうでした

下関は、今のままで十分なのにね
どこの地域に住んでても
故郷は、そのまま変わって欲しくないもんだと思うよね
自分が生きてきた証なのだから
駅が火事になった時もショックでした

時代の流れで街が変化するのは、仕方ないのかもしれないけど・・・

この先、どうなってしまうのでしょう・・・


2007/01/08[Mon] 09:30:43 :EDIT:
Re:無題
ちか姐
>下関を離れると
>下関の記事、事件って妙に気になったりするもんですよね

そうなんです
先日も新聞広告にNHKの番宣が載っていて、『先帝祭』って活字にすぐ目が留まりました
(娘と出たせいもあるかも)

>自分が生きてきた証なのだから

大げさかもしれませんが、羊水みたいな感覚かも…

>駅が火事になった時もショックでした

その後はどうなっていますか?
構内で働いていたことがあるから感慨深いです
2007/01/09[Tue] 14:33
驚く話ですね
tom
関門特別市とは驚く話ですね。下関という言葉の響きがすきなんですけど。
地名を帰るのは歴史を忘れてしまうみたいで好きになれないですね。やはり市民の意見を直接聞いてほしいですね。京都の者が言うと怒られるかもしれないけど。
2007/01/08[Mon] 11:55:14 :EDIT:
Re:驚く話ですね
ちか姐
下関は『下関』ですよね
『山口県下関市』ではなく『下関』って感じ
財政や法レベルでは合併もいいでしょうが、下関市という名は残してほしい
2007/01/09[Tue] 14:36
何で今更・・・
しんじろう
何で今更って思うね。
考えられんな。(`ε´)
2007/01/09[Tue] 13:52:04 :EDIT:
Re:何で今更・・・
ちか姐
>何で今更って思うね。

安倍さんがわからなくなってきた
教育再生会議で『まるでヒトラーだ』と言われたように、彼はヒトラーあるいはチェ・ゲバラなのか
2007/01/09[Tue] 14:43
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[166] [162] [159] [158] [157] [155] [154] [152] [151] [146] [145]

Copyright c ぼちぼち まったり。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]